今、伝えたい奈良公園の鹿の事

 「奈良の鹿」として親しまれている奈良公園を中心に生息する鹿は新型コロナウイルスによる観光客減少に伴い、ガリガリになったりだという誤った情報や、ポイ捨てされたゴミの誤飲、「おじぎ」を「芸」と間違ったとらえ方など、人間の誤った理解により危機にさらされています。今、奈良の観光情報サイトとしてお伝えしたい奈良公園の鹿「奈良の鹿」の事です。


シェアする

鹿に「鹿せんべい」以外を与えないでください。

また、誤食しますので「ポイ捨て」をしないでください。

奈良公園の鹿「奈良の鹿」は

管理されたアトラクションではありません。

「野生動物」の「生息域」に人間が訪問します。

 

奈良公園の鹿
奈良公園の鹿

奈良公園は野生動物

奈良公園の鹿は野生動物

奈良公園の鹿は野生動物です。「しつけ」された飼育動物ではありません。

▶「奈良の鹿」は天然記念物に指定された野生動物です。個体によっては人に慣れている場合もありますが、が決して「しつけ」をされた飼育動物ではありません。愛玩動物ではありませんので触れてはいけません。場合によっては突然、人を攻撃することもありますので注意が必要です。また、追いかけたりイタズラをするのは絶対にやめてください。「奈良の鹿」は天然記念物に指定されています。故意に傷つけたりすると罰せられる場合があります。

 

奈良公園を訪問するときの注意

交通事故、人とのトラブル

 「奈良の鹿愛護会」の公式サイトにて鹿とのトラブルについてまとめられています。交通事故、間違った餌やり、人へのケガ、シカへのイタズラなどの課題が書かれてあります。奈良公園に訪問の際には必読のページです。

>>奈良の鹿愛護会>現状と課題

注意事項

 「奈良の鹿愛護会」の公式サイトにて注意事項がまとめられています。こちらのページも奈良公園に訪問の際には必読のページとなります。

>>奈良の鹿愛護会>広報啓発#注意事項

シカとの接し方

 奈良公園の公式サイトにシカとの接し方についてわかりやすくまとめられています。こちらのページも奈良公園に訪問の際には必読のページとなります。

>>奈良公園クイックガイド>シカとの接し方

奈良公園の鹿「奈良の鹿」Q&A

鹿せんべいを与えないと餓死するの?

▶鹿せんべいは「おやつ」です。主食は草であり奈良公園のそこら中にあります。鹿は草を自由に食べますので鹿せんべいを与えなくても餓死することはありません。新型コロナウイルスの流行を背景にした観光客の減少で「鹿せんべい」を貰える機会が少なくなりましたが、先述の通り鹿の主食である草は奈良公園に沢山生えていますので人間が餌やりをする必要はありません。

奈良公園の鹿は市街地に進出しているの?

▶以前から市街地をうろつく鹿は存在していました。2020年以降、市街地を歩く鹿の目撃情報がSNSに度々アップロードされ、その投稿を見る事ができます。ただし、市街地に鹿の群れが移住しているような事実はありません。

鹿は「おじぎ」をするの?

▶鹿に近づくと「頭を下げる」動作をします。これを「おじぎ」と解釈しているのは人間であり芸ではありません。なぜ「おじぎ」をするのかはわかっていません。

鹿はどこで会えるの?

▶いわゆる「奈良公園」に生息しています。興福寺より東側、国立博物館、春日大社、東大寺、奈良公園の興福寺より東大寺側のエリアで活動していることを見かけます。夕刻以降は山や森の中に隠れてしまいます。

鹿せんべいはどこで売っているの?

▶奈良公園内の土産店などの売店、パラソルテントでの路面販売で入手することができます。

鹿せんべいは食べれるの?

▶人間の食品として製造、管理されているものではありませんので食べられません。

奈良公園の鹿を知る

鹿を知れるサイト

参加する

支援する

奈良の鹿愛護会を支援することができます。公式サイト内の「支援をする」から内容をご確認ください。

主に公園内の美化活動や勉強会などを通じて奈良の鹿をサポートするボランティア団体です。

ポスター掲出などの啓発活動を行う民間団体です。クラウドファンディングでの資金調達に支援できます。

イベントに参加する

「子鹿公開」「鹿の角きり」「鹿寄せ」

「鹿せんべい飛ばし大会」


シェアする