奈良のシェアサイクル

 奈良にもシェアサイクルがあります。街中にあるポートで借りることや返却ができます。これまでの貸自転車(レンタサイクル)との違いも解説します。


シェアする

奈良のシェアサイクル

参入事業者

「奈良バイクシェア」

→株式会社ドコモ・バイクシェア

(この記事では以後、「奈良バイクシェア」について解説します。)


ドコモとは別の会社が運営していた「Mobike」はサービスを終了しました。現在は使用できません。

対応エリア

▼概ね徒歩圏内複数のポートがある地域

奈良公園・ならまち・JR奈良・近鉄奈良・新大宮

▼ポートが少なく徒歩で補う必要がある地域

佐紀路・平城宮跡・西ノ京・きたまち・高畑・大和西大寺駅

車体

電動アシスト付き自転車

利用に関する流れ

各ポートはほとんどが無人です。

1.アプリもしくはICカードを入手

 ※専用サイトでも手続きできますがアプリがあると便利

2.スマホの場合は画面で借りる手続き

3.乗車前の点検

4.自転車で開錠操作

5.一時施錠は可能

6.施錠して自転車で返却操作

返却について

▶借りたポートとは別のポートに返却することが可能です。(これを「乗り捨て」と表現します。)

▶日本ではポート以外の場所(ポートではない路上や私有地など)で返却することはできません。

ポートの場所、利用の詳細は公式サイトをご確認ください。

>>奈良バイクシェア

シェアサイクルとは

 シェアサイクルとは、街中にある自転車を借りて返すことができる無人の場所、「ポート」の間であれば自由に行き来できる新しいスタイルのレンタサイクルです。

既存のレンタサイクルの利用イメージ

▼一つの旅を主に自転車のみで完結する。

シェアサイクルの利用イメージ

▼街中にポートがあるので必要な場面だけ自転車を借りる。


レンタサイクルとシェアサイクルの比較

「レ」=既存のレンタサイクル

「シ」=シェアサイクル

 

【貸借】

=主に1拠点のお店で借りて、その店に返却。

(一部、別の拠点に返却可能の事業者あり)

=複数あるポートで借りて、別のポートに返却可能。

 

【利用料金】

=1回あたりの固定制。

=時間課金制(一時施錠時も課金)。

 

【保有台数】

=1拠点にたくさんの自転車。

=1ポートに少数の自転車。全て出払っている場合あり。

 

【一時施錠】

=自由に可能。他人に使用される心配なし。

=可能。一時施錠中も課金は継続

 →観光地訪問の際にシェアサイクルを返却すると他の利用者に使用される可能性があります。

 

【自転車の種類】

=事業所によっては複数の種類あり。

=電動アシスト付き自転車1種類。

 

【拠点での対応】

=有人。現金等で対応。

=原則無人。専用アプリや専用カードが必要。

どちらを使うかは旅のスタイル次第

 既存のレンタサイクルとシェアサイクルとの比較をしましたが、双方のメリット、デメリットを理解した上でご自身の奈良の旅に合わせてどちらを利用するかを決めることをお勧めします。


シェアする