【行ってきた】奈良 金魚ミュージアム(ミナーラ)

  商業施設「ミナーラ」にある「奈良金魚ミュージアム」は2021年に拡大オープンしました。現地の様子やアクセス、駐車場事情などをお伝えします。

商業施設「ミナーラ」に

 「奈良 金魚ミュージアム」は奈良市の商業施設「ミナーラ」の4階に入居しています。ミナーラには格安スーパー「ロピア」やエンタテイメント施設「ラウンドワンスタジアム」の他にフードコートやファミレスも入居しており、地域住民から観光客まで遊べる施設となっています。

 

>>ミナーラについて詳しく書いた記事

 

2021年拡大オープン

和風な拡大エリア

 2021年に拡大オープンしたのは旧「忍者タウン」跡地に和風をテーマにしたエリアです。

 拡大エリアではまず、和傘を基調とした通路を通ります。

 通路を抜けた先には広い空間があり、オブジェ仕様の水槽や、映像を使用した水槽などが数機設置してあります。

既存エリアも充実

 既存エリアも開業時と比較して手が加えられており、開業時に訪れた方にも十分楽しめる内容となっています。

 既存エリアはいくつかの部屋に分けられており、それぞれにテーマが異なる趣向を凝らした水槽が設置されてあります。

館内全体の様子

 館内全体は水族館のように薄暗く、光り輝く装飾がなされた水槽を巡ることとなります。チケット決済後は、「和風の拡大エリア」、「既存エリア」、「トリックアート」などエリアを巡回することとなりますが、チケットカウンターの外に出ない限りは、何度でもエリアの出入りはできるようになっています。

 展示内容は、フォトスポットとなるような水槽が中心となります。学術的な内容や地場産業紹介はあるのはありますが、ほとんどそれは無く。金魚とアートを楽しむエンターテイメント施設と言えるでしょう。筆者が訪れた時には子供連れやカップルが多い様子でしたが、幻想的な空間で安らぐのも良し、写真の腕を磨くのも良し、様々なシーンで使うことができそうです。

金魚ミュージアムへのアクセス

【奈良交通 バス停名称変更について】

12月1日より以下の通り奈良交通のバス停名称が変更となります。

「宮跡庭園」→「宮跡庭園・ミ・ナーラ前」

「三笠中学校前」→「三笠中学校・NHK前」

 当サイトでは12月1日以降順次修正を行いますが、修正が追い付いていない本文や画像が残存する場合がございます。ご了承ください。

 「奈良 金魚ミュージアム」のアクセスは、奈良交通バス「宮跡庭園・ミナーラ前」バス停またはぐるっとバスの「宮跡庭園」バス停を降りてすぐの場所に入居する商業施設「ミナーラ」があります。

 新大宮駅からも歩いてアクセスできる距離ではありますが、やや遠い印象があります。

 その他にも「ミナーラ」のシャトルバスもありますので、こちらを活用してアクセスする手段もあります。

 

>>ぐるっとバスの詳しい解説

>>奈良交通バスの詳しい解説

金魚ミュージアムの駐車場

 「奈良 金魚ミュージアム」が入居する商業施設「ミナーラ」には乗用車用の大きな駐車場があり、それを利用することができます。

LINK

当サイト筆者「ミナーラ」関連記事