平城京天平祭・秋 2020 開幕!

平城京天平祭・秋 開幕!

 本日10月24日より、「平城京天平祭・秋 ~天平花絵巻~」が開幕しました。来月1日までの1週間です。

平城京天平祭とは

 平城京天平祭は2006年より平城宮跡内にて開催されてきた「平城遷都祭」を改めたもので平城遷都1300年祭の翌年2011年から開催されています。毎年春、夏、秋に開かれそれぞれ趣向が全く異なる内容で開催されます。

 

例年の様子(2020年を除く)

 

【春】

「天平行列」や「市の再現」体験コーナーや飲食、ステージ、スタンプラリーなどで奈良時代や、奈良を今に感じることができる演出が多く見られます。大型連休のうち3日間ほどの開催が多いです。

主催:天平祭実委・県・市・にぎわい実委

 

【夏】

「燈花会」「光の天平行列」などの光の演出とステージ、飲食ブースなどで夏の夜の平城宮跡をきらびやかに盛り上げる夏祭りです。8月末に3日間ほどの開催が多いです。

主催:県・市・にぎわい実委

 

【秋】

会場内の植栽による演出や、ステージ、飲食ブース、体験コーナー、時代体験、衛士隊の再現など秋の平城宮跡の楽しみに賑わいが加えられます。10月~11月頃の1週間程度の開催が多いです。

主催:県・市・にぎわい実委

新型コロナの影響は?

 2020年は新型コロナウイルスの影響で春の開催は残念ながら中止になりました。夏の開催は主にプロジェクションマッピングを使用した演出で密にならずに楽しめる内容となりました。

今年の秋の開催は

 2020年の「秋」の天平祭はサブタイトルを例年の「みつき・うまし祭り」から「天平花絵巻」に変更し、植物による装飾を軸に、スタンプラリーや物づくり体験、日付け限定で野菜等の販売などを実施することで開催となりました。

現地の写真より